子持ちの歯科衛生士さんが周囲と良い関係を築く方法

子持ちの歯科衛生士さんが周囲と良い関係を築くには?

小さい子供がいて働くと、子供の急病や行事などで休まないといけないことってありますよね。


インフルエンザやノロウィルスなどの感染症だと、一週間くらい休まないといけないこともあって、その間誰も頼ることができなかったりすると、ママが休まざるを得なくなります。


子育てしたことがある人なら分かるように、未就学児の急病は避けられないです。
けれどお休みが続くと、その分、他のスタッフにしわよせがきますから、だんだん人間関係が悪くなって居づらくなるケースも多いです。


そこで、スタッフと良好な関係を築くポイントを紹介します。


子供の急病時には、速やかに欠勤連絡をしましょう。
また具合が悪い時は、前日から様子がおかしい、調子が悪そうと気付くことも多いです。


ここで大切なのは、様子がおかしいと感じた時点でスタッフに『子供が調子悪そう』と簡単に話しておくことです。事前に予告しておくと、言われたスタッフも心づもりが出来ますし、仕事の段取りも考えておくことができます。


最近はラインなどを使えば、前日に連絡することも出来ますよね。


また、勤務時間内は有効に使うようにしましょう。
『定時にあがれるような仕事しかしない』ような態度が、周囲を冷ややかにさせています。


例えば、定時15分前に自分の仕事が終わったら他のスタッフの仕事を手伝うようにして、時間内を有効に使いましょう。