ブランクありの子持ち歯科衛生士さんが復職に失敗しないためには?

ブランクありの子持ち歯科衛生士さんが復職に失敗しないためには?

独身時代に歯科衛生士として働いていて、出産と育児を機に辞めてしまったという人も多いですよね。


そろそろ復職を・・と考えて不安になるのが、ブランクです。


うまく仕事が出来るんだろうか?採用してもらえるんだろうか?と不安なりますね。


そこで、ブランクが気になる歯科衛生士さんが転職に失敗しない方法を紹介します。




①各地の歯科医師会で行われる復職セミナーに参加して、最新器具の使い方などの実習を受けてみる

ブランクが不安になるのは、今ってどんな新しい技術があるんだろう・・これってどう使うのかな?って思うことですよね。


それをいくらか解消するのと、復職に向けたウォーミングアップにもなります。


最近、受ける方が増えています。


お住まいの歯科医師会ホームページを確認してみてくださいね。



②無理のない職場選び

歯科衛生士さんであると同時に、育児や家事もこなさないといけなくなります。


確かに長い時間働けば、お給料もその分多いです。


けれど、ブランクがあってこれから復職しようと考える人には、無理なく働ける職場を探してくださいね。


家族との時間も大切ですし、両立がしんどくなっては続けられないですから。


残業の有無や働く時間、曜日、通勤時間などで無理のない環境で働くことが大切なんです。





②ブランクありで復職した歯科衛生士の実績を多く持つ転職サポートを選ぶ

転職をサポートしてくれるところは多いですが、やはりブランクありで復職した歯科衛生士さんの実績を多く持つところがおすすめです。


小さい子供がいる人は希望する条件がキビシメになりがちですから、普通の転職サポート(ハローワークや新聞求人など)はそこまで詳しい情報が分からないケースも多いです。


また歯科衛生士に特化した転職サポートだと業界事情にも詳しいですから、心強いです。


子育て中の人に合った求人も多いですし、転職のサポートをしてくれるキャリアコンサルタントから復職に向けて適切なアドバイスがもらえます。


履歴書や職務経歴書の書き方、すぐに辞めちゃった職歴は応募先にどう説明する?、お給料やお休みなどの待遇はどうなってるの?とか・・


応募先の医院には聞きにくいけれど、気になることもありますよね。


また入ってみたらブラックだった・・なんてことにならないように、応募前にスタッフの構成や内部事情なんかも抑えておきたいです。


そして同じ働くなら少しでもお給料のいいところを選びたいですから、比較的高時給の求人が多い転職サポートに登録するのがおすすめです。


ブランクありの復職に強く、働くママ歯科衛生士さんが登録している大手求人サイトの2つ貼っておきます。


まだすぐに働くかは分からないけれど情報収集を・・と考える人も、チェックしてみてくださいね。
ジョブメドレー
【ファーストナビ歯科衛生士】